中学校3年生

目標をしっかり持って学習しましょう
 

3年:90分以上   

 









 

@学校からの配布物を家の人に渡す。
A机の上を整理整頓する。
B今日の課題を確かめる。(帰りの会で事前に課題を設定)
C課題を確実にていねいにする。
D自主学習(自学)ノートに復習や予習をしたり、例を参考にし
 たりして毎日取り組む。
E定期テストや教科の小テストに向けて、計画的に学習を進める。
F明日の準備をする。
 □時間割をそろえる。
 □明日の準備物を確認する。
 □課題を入れる。














 

○入学試験科目の中で特に不得意な教科の学習に力を入れる。
○確実に解ける問題と自信のない問題とを区別してマークし、各
 種テスト前の学習が効率よく進められるように工夫する。
○授業で出てきた重要語句や太字で書かれている用語を正しく理
 解した上で漢字で正しく書いて覚える。
○国語では3年間の漢字や語句を書いて覚える。
○文章を読むときは、どこがポイントかを考えながら読む。
○ワークやプリント、小テストを整理し、授業を振り返る。
○計算問題を速く正確にできるようにする。また、複合問題や総
 合問題などいろいろな問題に挑戦する。
○理科・社会では学習した重要事項をノートにまとめ覚える。
○英語では単語や基本文型を繰り返し練習し、間違いなく書ける
 ようにする。
○その日に学習した単語、例文などを繰り返し練習し覚える。















 

◇進路選択について悩む時期です。思うように学習が進まなかっ
 たり、成績が伸び悩んだりすることでイライラがつのってくる
 ことがあるかもしれません。受験勉強の仕方等で悩んだときは、
 親や先生、友だちに相談して早いうちに解決しましょう。
◇部活動引退前、引退後、長期休業中など、時期によって時間の
 使い方と学習内容の工夫をしましょう。
◇まず基礎基本を確実に身につける総復習が必要です。中3の学
 習内容には中1・中2の内容の復習も含まれています。
◇目標を早く決めて、何が不足しているのか、何が必要なのか、
 今の自分の力をよく考え、努力すべき点を明確にすることが大
 切です。家庭で時間をかけて話し合いましょう。
◇やみくもに勉強時間を増やすのではなく、生活リズムを整え、
 集中力を切らさない上手な時間の使い方が求められます。また、
 間食が増え食生活が乱れることがないよう気をつけましょう。
 
◎学習状況を各自点検してみよう。  名前(         )

自主学習
(学習の仕方・提出状況)
 



 

教科(分野)の弱点

 



 

学習の仕方で
聞きたいこと

 




 

中学校1・2年生

計画的に学習する力をつけましょう
 

1年:70分以上   
2年:80分以上   

 









 

@学校からの配布物を家の人に渡す。
A机の上を整理整頓する。
B今日の課題を確かめる。(帰りの会で事前に課題を設定)
C課題を確実にていねいにする。
D自主学習(自学)ノートに復習や予習をしたり、例を参考にし
 たりして毎日取り組む。
E定期テストや教科の小テストに向けて、計画的に学習を進める。
F明日の準備をする。
 □時間割をそろえる。
 □明日の準備物を確認する。
 □課題を入れる。
















 

○確実に解ける問題と自信のない問題とを区別してマークし、テ
 スト前の学習が効率よく進められるように工夫する。
○教科書を繰り返し音読し、漢字や語句は書いて覚える。
○単に読むのではなく、情景を思いうかべ表現を工夫して読む。
○日常の中で自分の生き方や考え方、興味・関心の幅を広げるの
 に役立つ本や、学校で学習した内容をより深めることのできる
 本を数多く読む。
○新出漢字や読めない漢字、難解な語句を辞書で調べる。
○授業のワークやプリントを整理し、授業を振り返る。
○数学の授業で学習した問題をもう一度解いてみる。
○理科では学習したことに加えて、ノートにまとめていく。
○授業で出てきた重要語句や太字で書かれている用語を正しく理
 解した上で漢字で正しく書いて覚える。
○英語では新出単語の意味を辞書や教科書を使って調べる。
○その日に学習した単語、例文などを繰り返し練習し覚える。
○英語の本文の音読をできるだけ大きな声でする。










 

◇部活動があり帰宅時間が遅くなります。何時までに学習を終え
 るかなど、目標や計画をしっかり立てることが大切です。
◇小学校と比べ中学校の内容はより専門的になり、質・量ともに
 多くなることから、負担に感じることがあると思います。
◇予習であらかじめ自分で調べたり、考えたりして授業に臨むこ
 とや、その日のうちに習ったことのポイントを整理し復習する
 ことで理解度や定着度が大きく違ってきます。
◇わからない所を放置せず、親や先生、友だちに聞いて早いうち
 に解決しましょう。
 
◎学習状況を各自点検してみよう。  名前(         )

自主学習
(学習の仕方・提出状況)
 



 

教科(分野)の弱点

 



 

学習の仕方で
聞きたいこと