2014  百人一首大会

生徒会主催で、9班に分かれて百人一首のゲームをを2回やった。
新執行部による初仕事である。
責任感からか、表情がこれまでとは違い、引き締まっていた。
読み手は教師である。
学年の枠を超えて9つの班に分かれているので、同じ学年同士でいるときとはちがう表情が見受けられる。
さらに、男女も混合である。
約2時間、生徒も教師も、日本の文化に楽しく親しむことができたと思う。

平成27年 1月9日 実施